ノウハウ

インサイドセールスの生産性・効率UP!必須アイテム・ツール5選

現役インサイドセールスのユトルです。

今回は、僕が実際に使っている「仕事道具」について紹介します。

インサイドセールスをやる上で、「仕事道具」を気にする機会は少ないかもしれませんが、実は買って使うだけで生産性向上・負担軽減に繋がるアイテムやツールは結構あります。

「コールや顧客対応の効率性を向上させたい」

「なるべく負担を軽減し、顧客とのコミュニケーションに集中したい」

「初心者だけど、早く成果を出したい」

という人は会社支給の備品を使うだけでなく、これから紹介するアイテムを是非使ってみて下さい!!

大事なことなので繰り返しますが、

「買って使うだけで生産性・負担・成果が変わります!」

エルゴノミクスマウス

最初に紹介するのはマウスです。僕の周りは結構みんな会社から支給された安っぽいマウスを使ってる人が多いので、これを買ってからはオススメしまくっています。

普通のマウスとの一番の違いは「握り方」です。

一般的なマウスは平べったい形で、手を被せるようにして握りますが、エルゴミクスは缶やペットボトルを持つ時のように縦に握ります。

「え。それが何か?」と思った人はこの先心して読んでください。

実は人間の身体にとって、パソコンやマウスを握る時みたいに、机に対して手を平行な形にしてると負担がかかるんです。

本来人間の手って、机に対して垂直が自然です。だから、キーボードやマウスを使う時は体を捻ってるのと同じ。それが負担となり肩や首のこりを引き起こすんです。


(これが自然)(これが負担)

このタイプのマウスにする事で、身体への負担を軽減し、業務への集中力や持続力を高める事ができます。

このタイプは普通のマウスと違い、ボタンとホイール以外にサイドボタンが付いている場合も多く、プラウジングが行い易いです。こうした点は、企業情報の収集などでネットを頻繁に使うインサイドセールスにとっても非常に便利です。

僕個人の経験から言えば、酷い時はキーボードに手を置くだけで痛みがあった肩こりが、マウスを変えた事で大きく軽減されました。嘘のような本当に話です(笑)

握り方に戸惑うかもしれませんが、ここは完全に慣れの問題です。使っていればあっという間に自在に操れます。

少々お値段が張りますが、毎日使用するものである以上、このぐらいは投資しても十分もとがとれちゃいます。

まだ横型の方で、肩こりが心配な方や、既に辛いという方は是非使ってみてください!

第三世代ヘルスケア座布団

僕がいるインサイドセールスチームには女性も結構多いのですが、よく聞く悩みのナンバー1が「腰が痛い」

1日中座り仕事のインサイドセールス。こまめに立ち上がって休憩を取れていればまだいいですが、集中していたり数に追われると数時間座り続けることも…

そんな腰や背中の負担を軽減するために使っているのが、「ヘルスケア座布団」

腰やお尻を支えつつ、自然と良い姿勢が保てるようになります。

実際に使うと、矯正力は決して強くなありませんが、少しずつ身体が姿勢を意識するようにもなっていくので、痛みの軽減・予防にもなります。

腰は痛めると私生活にも支障が出るので、インサイドセールスにとってはマストアイテムの一つです。

ゼンハイザーヘッドセット

成果や効率という点でも最も重要なアイテムが「ヘッドセット」です。

他のアイテムは多少安価なものでもOKですが、ヘッドセットについては惜しまず投資しましょう。もちろん、会社にお願いして買ってもらうのもありです。

ヘッドセット選びで重要な点は、「音質」「集音」「重量/形状」です。どれか一つでも悪いと、仕事の質/パフォーマンスに影響します。

音質
相手の声が聞き取りにくいと、同じことを聞き返したり、重要な点を聞き間違えるかもしれません。対面と違い、些細な理由でコミュニケーションが崩れる事もある電話では、双方スムーズに会話できる土台は大切です。

集音性
音質とも関連しますが、せっかくいい声で話していても、こちらの声をうまく拾ってくれなかったり、周囲の雑音が混じっては良い印象にはなりません。

重量と形状
重いと首や耳に負担がかかり、1日つけ続けるのが辛いです。また、片耳タイプの方が安価で疲れにくいイメージがありますが、僕の場合はかえって耳が痛くなりました。人のよりますが、両耳タイプがオススメです。

また、ワイヤレスと有線がありますが、オススメはUSB等の有線接続タイプです。ワイヤレスは便利ですが、どうしても音質にばらつきが出ます。確実性が高いのは有線タイプですね。

紹介しているゼンハイザーのヘッドセットは、音質・掛け心地・機能のどれをとっても満点でした。ビジネス向けと謳われている通り、タフな使用にも十分耐えてくれます。少し値段はしますが、見返りからすれば安いくらいです。

せっかく入念に準備をしてコールをしても、ヘッドセットの性能や機能一つで貴重な商談機会を逃してしまう・・・なんてことも。

インサイドセールスのプロとして、ヘッドセットはしっかり選び、使い倒しましょう!!

蒸気でホットアイマスク

インサイドセールスになってから、平均すると1日7時間近くPCと向き合っています。

お陰で1日が終わる頃には頭も目も疲れ果て、正直ブログどころじゃありません。PC画面とか見たくないです。本音です。

そんな疲れている時に愛用しているのが「めぐリズム 蒸気でホットアイマスク」

眠る前に使用する事で、眼精疲労に回復やリラックス効果が得られます。

あと、狙ったわけじゃないと思いますが、目隠しされるとボーッとするので、頭もすっきりします。1日考え続けた脳を休めるにはもってこいです。

毎日と言わず、2日1回や疲れた時に利用してみてください!!

人間工学デザインキーボード

使うのが恥ずかしいと言う人もいるので紹介するか迷いましたが、これはガチでオススメです。一度使ったら離れられません。虜です。

エルゴノミクスマウスを紹介しましたが、こちらも同じく人間の身体に合わせて作られたキーボード「マイクロソフト キーボード 有線/人間工学デザイン Natrual Ergonomic Keyboard 4000」です。

先ほど紹介したマウスと同じく、キーボードの中にも上記のように腱鞘炎防止、疲労軽減を目的とした構造の商品があります。

さすがに縦型とはいかないものの、中央に行くにしたがてうねりがあり、机に対して平行ではなく斜めになっています。冒頭に紹介したマウス同様、手首をひねりを緩和し、腕から肩、首にかけての負担を軽減してくれます。

タイピングも滑らかで、作業効率はUP。おまけに肩こりも解消と、会社で一括購入し、全ての従業員に配るべきだと思ってます。そのくらいの代物です。

唯一の欠点は、ものによっては中央が分離しているため、なれるまで文字を打ちにくい点です。ただ、マウス同様それも慣れるまでの話。よほどアクロバティックな打鍵方法でない限り、すんなり馴染む事ができます。

マウスやヘッドセットと同様、買い揃えて損のないインサイドセールスにとっても「仕事道具」ですね!

インサイドセールスなら必ず買いたいアイテム5選まとめ

今回紹介した物は、いずれも僕が愛用する「インサイドセールス」のマストアイテムです。

ブラインドタッチを習得するには少し時間がかかりますが、アイテムやツールは買って使うだけで変化をもたらします。

ヘッドセット一つをとっても、たかが音質、されど音質。細部にこだわることで、その積み重ねがやがて大きな成果を生み出します。

また、健康管理を含め、安定的に成果を出し続ける事もインサイドセールスにとっては重要です。効率性を高めつつ負担を軽減すれば、より良いサイクルに入っていけます。

他にも大小様々なアイテムがありますが、まず揃えたい5つを紹介しました。

是非、インサイドセールス業務に役立ててみてくださいね!